So-net無料ブログ作成
検索選択

松たか子の歌声に世界が大反響!「アナと雪の女王」で主人公声優役 [気になるニュース-海外]


140413yu1.JPG 今年度のアカデミー賞で長編アニメーション賞&主題歌賞をW受賞した、ディズニー映画「アナと雪の女王」が人気となっています。

 日本国内では3月14日(金)に全国一斉公開となりましたが、4月6日までの累計動員は635万超で興行収入は77億円超を記録。
 全世界の興行収入においても10億9731万ドルを突破し、『ダークナイトライジング』を超え9位にランクアップ、アニメーション映画ナンバー1としても記録を伸ばしているもようです。

 また同映画の主題歌の「Let It Go~ありのままで~」も世界中で大ヒットしていますね。
 ディズニーでは、米女優のイディナ・メンゼルが歌う主題歌「Let It Go」に加え、25か国語の吹き替え録音のリレーで歌い上げる「Let It Go」を公開し話題を集めています。

 このリレー録音では、まずは英語でのイディナ・メンゼルから始まって、フランス、ドイツ、オランダ、中国(北京語)、スウェーデン、日本、スペイン(ラテンアメリカ)、ポーランド、ハンガリー、スペイン、カタルーニャ、イタリア、韓国、セルビア、広東、ポルトガル、マレーシア、ロシア、デンマーク、プルガリア、ノルウェー、タイ、カナダ・フランス、フラマンの各言語でちょうど全1曲を歌い継ぐ流れとなっています。

<2014.3.10 サンケイスポーツより>
ディズニー映画「アナと雪の女王」(14日公開)で主人公・エルサ役の声優を務めた世界25カ国の女優が主題歌「Let It Go」を歌いつなぐ動画がYouTubeで公開され、日本語版を担当した松たか子(36)の歌声が大反響を呼んでいることが9日、分かった。

 劇中のエルサの歌唱シーンをつなぎ合わせた動画で、すでに1275万人以上が視聴。イタリアの女優で歌手、セレナ・アウティエリやロシアのジャズ歌手、アンナ・バタリナらとともに、松は全3分56秒の曲のうち1分13~19秒のパートを歌っているが、このわずか6秒に世界が注目した。

 ネット上では「何なんだ、あの日本語のしびれるような美しさは」(米国人)、「日本語の響きがメチャクチャかわいらしい」(カナダ人)、「(日本版に)鳥肌がブワーってなった」(スウェーデン人)など絶賛の声が続々。自国よりも日本版をベストパートに選ぶ人が相次いでいる。

 日本語部分は、松さんの伸びやかで透明感のある歌声になっていますが、ただ短い(6秒)ので、他の言語と比べ絶賛といえるか何とも、、、
 ただ、松たか子さんが全編歌う日本語吹き替えバージョンの、YouTube再生回数がハンパなく多いのをみると、世界中に気に入ってくれた方が多いようですので、それはそれでよい事ですね^^

          『アナと雪の女王』「Let It Go」(25ヵ国語Ver.)


  本家はこちら : 『アナと雪の女王』特別映像:「Let It Go」/イディナ・メンゼル


 松たか子さんが歌う日本語吹き替え版 :『アナと雪の女王』Let It Go(松たか子)





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。